一般家庭のゴキブリ駆除に毒餌をおすすめしないワケ

毒餌(どくえさ)ってどんなもの?

一般的には害虫駆除業者にゴキブリの駆除を
依頼すると、必ずと言っていいほど、
ベイト剤を施工します。と言われると思います。

ベイト(bait)はもともと罠につける餌のことを言いました。
この餌に殺虫剤とを誘引剤に配合したものをベイト剤と言います。
ベイト剤は食毒剤(しょくどくざい)とも言います。

市販のものでいうと、
ホウ酸団子や、ブラックキャップと
言われるようなものが毒餌(どくえさ)です。

    

 

毒餌を置くとどうなるのか?

CMなどで、よく言われているのが、
ゴキブリの通り道に毒餌を置いておくと、
毒餌を食べたゴキブリが巣に帰り
そのゴキブリの糞(ふん)や死骸を食べたゴキブリにも
効果があるので、巣を根こそぎ退治できます。
というものです。

確かに、毒餌(どくえさ)を食べたゴキブリの死骸や
糞(ふん)を食べたゴキブリも一緒に死ぬでしょう。

ですが、まず、薬剤の実験は狭い空間に
たくさんのゴキブリを入れた状態での
実験をしています。

狭い空間に沢山入れるから共食いをしたり
他に餌がないから糞を食べたりするのです。
通常の状態では、共食いしたり、
糞を食べたりはしません。

そして、、、一番大事なことは、
毒餌は、ゴキブリに食べてもらわないと
意味が無いので、
ゴキブリにとってのご馳走
毒を混ぜたものです。

ということは、、
どういうことかわかりますか?
毒餌を置けば置くほど、
ゴキブリを呼んでしまう状態になる
のです。

何故、業者が毒餌を勧めるのか?

そもそも、害虫駆除業者は
飲食店向けの施工をする業者がほとんどです。

飲食店には、ゴキブリは居るものです。
考えたくないかもしれませんが
飲食店には、必ずゴキブリは居ます!

一般家庭より飲食店に
沢山居ることは確実です。
なので、毒餌が有効なのです。

ところが、室内にはゴキブリが出ていない
一般家庭に、毒餌を置くとどうなるでしょうか?

確実に、外から呼んでしまうことになります。
特に、一般家庭に多く出る
クロゴキブリは、自然界に普通に
居るものだということを知ってください。

玄関や、ベランダなどに置けば置くほど
外から呼んでいることになります。

そもそも、飲食店と一般家庭では
ゴキブリの数も違うのですが、
ゴキブリの種類も違うので
対策が変わってくるのは当然のことなのです。

ところが、飲食店メインに対応している業者ですと
一般家庭への施工に慣れていないため、
飲食店と同じような対策をしてしまうのです。

むやみにベイト剤を施工する業者には注意しましょう

お客様からのご依頼で、
ゴキブリの防除にお伺いした際に
白い壁のあちこちに、黒いベイト剤が
施工されていました。

せっかくの綺麗な壁に、黒い汚れのようになって
かなり目立つ状態でした。

これは、いつ施工されたのですか?
とお客様にお伺いすると、2年くらい前に
依頼した業者が施工した。ということでした。

ゴキブリが沢山出ているお宅ですと
2年もたてば、毒餌は全部ゴキブリが
食べてしまい、無くなっていくのですが
2年たっても目立つくらい残って
いるこということは、そのお宅には
ゴキブリは出ていないということなのです。

ゴキブリを外から呼び込むような場所には
ベイト剤が施工されていなかったことが
せめてもの救いでしたが、

お客様曰く、壁に汚れのようになってしまうので
ベイト剤を使うのは辞めて欲しいと
お願いされたそうなのですが、
聞き入れてもらえなかったそうです。

意味もなく、沢山のベイト剤を施工され
高額な費用を支払われたと伺いました。

それが、その業者にはマニュアルなのでしょう。

飲食店であれば、規模に応じた量の
ベイト剤の施工をすることは
間違いではないと思いますが、
一般家庭では、発生状況に応じて
対応は変わってくるはずなのです。

毒餌を使わずにどうすればよいのか?

そもそも、ゴキブリの繁殖していない
一般家庭では、駆除は必要ありません。
外からわざわざ呼んで駆除するのではなく、
寄り付きにくい環境にすれば良いのです。

一般家庭で、よく見られる
クロゴキブリは、屋内で繁殖しているのではなく、
外からたまたま入ってきていることが
ほとんどです。

まずは、
・入ってきにくい環境を作ること
・ゴキブリにとって居心地の悪い環境
を作ること
が重要になってきます。

ゴキブリが入ってくる要因は

屋内にゴキブリが入ってくるのは

・壁などの隙間から入ってくる
・人間やモノについて入ってくる

大きく分けると、この2つになります。

ベランダや玄関に、毒餌などを置かなければ
ゴキブリが単体でトコトコ屋内に入ってくる。。
なんてことはまずありません。

ベランダからゴキブリが入ってくるのでは?
と、ベランダは開けません。と言う方や
もっと酷くなると、窓に目張りのようなものを
されているお客様がいらっしゃいます。

窓を開けずに空気の入れ替えをしない状態では
ゴキブリにとって居心地の良い環境を
作っていることになっているのです。

ゴキブリは、空気の澱(よど)んでいる場所を好みます。

窓を開けずに常に密閉状態にされている方は
まずは、毎日10分でも15分でも良いので
換気することをお勧めします。

お困りの際は無料相談

当店は、一般家庭向けの対策を得意としています。
お客様の状況に応じた対策をご提案いたします。

とりあえず、お困りの際は
ご相談くださいね。

電話やline@での相談は無料です。

24時間直通電話

090-6677-5385

 

蜂でお困りなら
https://hachikujyoya.net/company/

蜂以外の害虫・害獣・害鳥等でお困りなら
https://hachikujyoya.com/g-security/

防虫フィルムのことなら
https://madohariya.wixsite.com/hari-hari