絶滅したはずのトコジラミが(南京虫) そもそもトコジラミとは?

トコジラミとは?

日本では、一度絶滅したはずだった
トコジラミ(南京虫)
が、最近また、増えてきていて、
よくご相談があります。

トコジラミは吸血害虫です。
別名を南京虫(ナンキンムシ)や、
ベッドバグと呼ばれています。

吸血されると非常に強い、
我慢できないほどの痒みを伴います。 

・トコジラミの体長は5-7ミリ程度です。

・飛ぶことはできません。

・畳や壁の隙間や、カーペットの裏などの狭くて暗い隙間に
居ることが多いです。特に空腹時はとても平べったく
隙間に入り混むのに適しています。

・トコジラミは卵から孵化(ふか)すると、
幼虫でも成虫でも雄雌かかわらず吸血します。
血液を栄養として成長する虫です。

・飢餓に強い虫で、無吸血状態でも
18ヶ月も生存した記録もあるほどです。 

・幼虫は齢が若いほど色素が薄い上に、
小さいため肉眼では確認しづらいです。

・寿命は1年ほどですが、その間に
最大500程度の産卵をすると言われています。

・夜行性と言われてはいますが、日中でも
暗い場所では普通に活動しますので要注意です。

・トコジラミはカメムシの仲間なので
巣の場所では独特な臭いがします。

・吸血すると、赤みかかった体が黒っぽくなります。

・吸血後に、栄養分を体に取り込んだあと、水分を排泄します。
それを血糞(けっぷん)と呼びます。
血液が濁った様な黒いゴマのような糞を点々とします。

最近、発見されているトコジラミのほとんどが
スーパーナンキンムシという
市販の殺虫剤(ピレスロイド系)では
駆除できない南京虫です。

アメリカなどでピレスロイド剤を多用したために、
強い抵抗性を身につけてしまったものと思われます。

わけもわからずに、市販のゴキブリ用やダニ用の
燻煙材(くんえんざい)を炊いてしまう方が多い
のですが、ますます隙間に
逃げ込ませてしまい、
繁殖を増大させる要因になっています。

※ここで言う燻煙材とは、、煙タイプの殺虫剤のことです。

なぜ、南京虫やトコジラミって名前がついた?

外国から渡来したものに、古くは、から(唐・韓)
つけることが一般的だったのですが、
近世には南京豆、南京虫、南京更紗のように
南京(なんきん)をつけることが多くなってきました。

南京虫の由来については諸説あるようですが、
外国から来た虫という説が最も有力なようです。

トコジラミについては、
布団やベッドに潜んで、
そこで咬まれたり、刺されたりの被害を受けることが多いので
トコジラミトコムシの名称が付いたようです。

何故、トコジラミが日本で、再発生したのか?

気軽に海外旅行に行けるようになったこともありますが
一番の原因は、最近流行りの 民泊(Airbnb)で
海外の旅行者から持ち込まれるケースが多いようです。

トコジラミ成虫の雌(めす)は交尾をすると
約5日で卵を産み始めるのです。

1日に5~6個の産卵をして、生涯で300~500個程度の産卵をします。

卵は1週間程度で孵化(ふか)するため繁殖力はとても強いです。

1人の旅行者に付着して持ち込まれたトコジラミが
3ヶ月後には数十匹増殖して、
1年後には数え切れない程の数になってしまうのです。 

想像してみると、ぞっとしますね。

 

どんなところに巣を作る?

トコジラミは暗い場所、閉い場所、暖かい場所を好むのですが
基本的には人が長時間居座る場所の近くに潜伏することが多いです。
布団やベッド、ソファー、寝室のカーテン、和室の畳の隙間、
絨毯(じゅうたん)の裏、雑誌の隙間など、
あらゆる場所に巣を作ります。

トコジラミの巣の場所には、
たくさんの血糞(けっぷん)や卵や抜け殻があるため、

簡単に発見することができます。 

まずは巣を探してみましょう。

 

トコジラミを駆除するには、どうしたら良いのか?

トコジラミが発生してしまっている周辺にある
布製のものなどで、乾燥機にかけられるのもは
すべてコインランドリーで乾燥機にかけてください。

洗濯はしなくてかまわないのですが、
コインランドリーでの乾燥機
というところが重要です。

一般家庭の乾燥機では温度が低すぎて
効果があまり無いので注意してください。

次に、、毎日掃除機をかけてください。
特に隙間に念入りに。

掃除機は紙パック式のものがお勧めです。
もしサイクロン式の掃除機しかない場合は
安いもので良いので、紙パック式の
掃除機の購入をお勧めします。

また、もし吸血されてしまっている場合は
早めに受診して、医師の診断を仰いで
ください。

自己判断での治療は、悪化を招き
治療が長期化する恐れがあります。

 

ただ、、結局のところ
繁殖してしまっている場合は、自己対策での
根本的解決は困難です。

一時しのぎにしかなりません。
一旦収まったように感じても、必ず再発すると
思っていただいた方が良いと思います。

状態が悪化してしまうと、
駆除費用も高額になってしまいますので
できるだけ早めにご相談ください。 

 

駆除にかかる期間は?

繁殖してしまっている場合は
短期間での駆除は困難です。

最低でも3か月程度はかかると
思ってください。

また安易な自己対策も、長期化の要因となります。

どんなことでも、早めの発見、正しい知識での
早めの対策が望ましいですが、
特にトコジラミは繁殖のスピードが速いため
大繁殖してしまう前に対処しておきましょう。

 

お困りの際は無料相談

とりあえず、お困りの際は
ご相談くださいね。

電話やline@での相談は無料です。

24時間直通電話

090-6677-5385

 

蜂でお困りなら
https://hachikujyoya.net/company/

蜂以外の害虫・害獣・害鳥等でお困りなら
https://hachikujyoya.com/g-security/

防虫フィルムのことなら
https://madohariya.wixsite.com/hari-hari